English | Spanish | Norwegian | Japanese

翻訳:安積 美記、 竹内 幹、大谷 誠
Translation:  Miki Asaka, Tadashi Takeuchi, Makoto Ootani

Baol

Bardot

Bulsara

バオル・バルドー・バルサラ

Photo: Kenneth Baluba Sporsheim

バオル・バルドー・バルサラはアルゼンチンで生まれ、幼い頃に両親とともにヨーロッパへ移りました。最初はフランス、次にスペイン、彼が3歳の頃です。

バオルは20年以上のキャリアを持つミュージシャンであり俳優、作曲家、そして編曲家です。

最初に手にしたのはドラムセットでした。そして16歳のとき母親のクラシックギターを借り、好きな曲をプレイするためコードを学びはじめ、それらの曲を歌うようになっていきました。彼にとってはギターよりも歌うことの方がよりアーティスティックな場所であった、とインタビューで言っています。「僕は確かにギターをプレイするよ。でも決してギタリストだとは言えない。その二つの間には本当に大きな違いがあるんだ!」

Photo: Hernan Btesh Photography

いくつかレッスンを受けたことがあるとは言えバルサラは独学でヴォーカルを学び、経験と直感で彼自身のテクニックを磨いていきました。そのため歌い方について説明することは出来ず、誰かにテクニックを教えることもできないのです。

彼はキャリアを通し、演劇やミュージカルでの様々なキャストとして出演しています。“We Will Rock You”、“Forever King Of Pop”、“Rent”、“Esos Locos Fantasmas”(Those Crazy Ghosts)や、映画“El Ojo Del Diablo”(The Eye Of The Devil)など。彼は10年以上に渡ってTV番組や映画の分野で音楽のレコーディングに参加する多才なアーティストなのです。

バオルはまたスペインのバンドStrangersでもシンガーおよび作曲で参加し、2019年11月にはアルバム“Brand New Start”をMaldito Recordsからリリースしています。

こと音楽面に関しては、バオルを決まりきったカテゴリーに入れるのは簡単ではありません。彼自身は自分を「音楽マニア」と表現します。「音楽」、それがしっかりと作曲され、きちんと演奏されているものであれば。一方で歌に関しては、次のような名前を挙げます。フレディ・マーキュリー、ジョージ・マイケル、ボビー・キンボール、マイケル・ジャクソン、ジョン・ファーナム、ティナ・ターナー、トニー・ハーネル、山田雅樹。

グローバルな背景をもつ彼にとっては当然のことながら、人としてもアーティストとしても国際人であるのです。

バオル・バルドー・バルサラはTNTの一員として2017年11月22日、オスロ・スペクトラム・アリーナでデビューを飾ります。TNTはあのベストセラーバンド、スコーピオンズのオープニングアクトでした。TNTのマイクを引き継ぐことになった「謎のシンガー」は一体何者なのかがついに明かされる、とオーディエンスはワクワクしていました…コンサートの開催が発表されて以来ファンの間では、たくさんの予想、希望、賭けがあったのです。シンガーが誰なのかとファン達は考えてはいましたが、ダークな衣装に身を包んだバオルがステージに登場し“Invisible Noise”を歌い始めるまでは誰にも分らなかったのです。

「彼はなんて名乗った・・?バルサラ・・?」「それってフレディ・マーキュリーと何か関連があるのかな・・?」「彼の声には明らかにトニー・ハーネルのようなクオリティがある、そう思わないかい・・?」オーディエンスの中からはたくさんの人がライブ後インターネットへ駆けこみ、可能な限り情報を集めようとしました。

バオルは20年近くこの世界にいるとは言え、子供の頃から聴いてきたバンドの一員として大きな会場で何千人もの観衆の前に身を呈するのはかなりの経験であった、と言っていいでしょう。

Photo: Kenneth Baluba Sporsheim

Photo: Hans Martin Høydahl

その翌日には「練習を重ねればバルサラは短期間でトニー・ハーネルのヴォーカルを凌ぐようになるだろう」(ジャーナリストHelle Stenkløv、Radio Rock)といった記事もありましたが、バオル自身はそんな事には決してならないと言います。彼はただティーンエイジャーの頃から愛しているトニー・ハーネルとTNTクラシックスに尊敬を示すことにベストを尽くしたいのであって、誰かを乗っ取るつもりはないのです。

バルサラは何度も、TNTが長年ずっと彼のお気に入りのひとつであったと公言しています。彼のFacebookページには2005年5月8日マドリッドでのTNTコンサートの未使用チケットの写真が載っているほどです。彼は前日のサモア(ポルトガルに隣接するスペイン北西部の町)でのコンサートのあと戻ってくるのが遅れ、ショーを見逃したのです。

もしバオルがまたTNTのショーに遅刻してしまったら・・・今度は大変なことになるのは間違いありません!

Photo: Tovita Bråthen Razzi

Photo: Kjell Solstad

Interview Hamar September 28. 2019. An informal conversation with Baol Bardot Bulsara. Video: Birger Teigen – Interview: Line Elizabeth Sagbak

error: Content is protected !!